美味しく戴きました。

今日は子供の日
朝から雨が降ったり止んだりのグズ付き気味の天気で、
鯉のぼりは喜んでいるやら、悲しんでいるやら??。 

昨日吉田季晶君が、両親と一緒に訪ねて来てくれました。
楽しい時間とお土産を戴き、ありがとう御座いました。
さっそく今朝の食卓に上がり、美味しく戴きました。

暖かい

みどりの日
今日は快晴、日中20℃を超え暖かく成った長岡でした。
店の開店前、キュウリ5本・ナス4本・ミニトマト2本の
苗を買って来て、猫の額程度の菜園に植え付けました。
夏のキュウリのヌカみ漬け、最高楽しみです。
13・2016年の夏の思い出(ジュネーブ)
ジュネーブレマン湖の噴水

f:id:skijodel:20160713215406j:plain

シャモニーのホテルを出て列車でからジュネーブにやって
来ました。
予約して有った駅前ホテルはチェックイン前でしたので、
荷物を預け、レマン湖の畔と旧市街を散策。
明日14日は、ジュネーブからドバイ経由で羽田空港まで、
自由束縛される航空機なので、憂鬱な夜でした。
ヨーロッパアルプスを巡る旅は終わりましたが、その他
多くの掲載して無い写真はパソコンに入っています。
興味の有る方は、店に来てご覧下さい。
次回、ゴールデンウイーク明けからは、
2017年 6月21日~7月12日、イタリア旅行に行った時に写した
山岳リゾート、ドロミーティ地方・水の都ベネチュア
・ローマ・ナポリ・ミラノなどの写真を、掲載して行きます。
宜しかったら、見て下さい。

1970年・夢が現実に

11・2016年の夏の思い出 (シャモニー)
         夢に見た・ドリュー岩峰

f:id:skijodel:20120103050216j:plain

数年前から夢に見て来た、標高差1100mのドリューの岩壁を
1970年7月、友人と3日間かけ、登頂にに成功。
登攀中は、雹にカミナリを伴った嵐に襲われ、死を身近に
感じた、ドリュー登攀でした。
今回の旅行で、再びドリューを目の前にして感じた事は、
良くあの岩壁を登り切れたか、自分に感心しています。
この登攀記録はこのホームページ登山情報・記録・写真の
コーナーの中に有る「ヨーロッパアルプスの夏休み」に掲載
して有ります。 興味の有る方は読んで見て下さい。

明日は何して過ごすか?
早朝は時間は晴れていましたが、8時過ぎから雨が落ちて
来て、自粛生活には持ってこいの日曜日と成りました。
明日3日(月)はJoDeLの定休日で、何して過ごすか思案中。

5月になりましたね。

5月に入り、若葉から青葉の季節がやって来ました。
朝は青空が広がっていましたが、徐々に雲が広がって来て
夕方より雨が落ちて来ました。
今日はスキー仲間が何人か、訪ねてくれました。
10・2016年の夏の思い出 (シャモニー・モンブラン)
エギュード・ミディとシャモニー針峰群

f:id:skijodel:20160709171948j:plain

トレッキングルートの途中

f:id:skijodel:20160709181410j:plain

モンタンベールからメールドグラス氷河とグランドジョラス

f:id:skijodel:20120103040709j:plain

この日は早朝、エギュード・ミディの頂上(3842m)にロープ
ウェーで上がり、景色を堪能してから中間駅(2310m)まで降り、
シャモニー針峰群が右側に乱立する裾のトレッキング。
左は遥か下に、シャモニーの街を見下ろしながら、3時間弱
歩き、モンタンベールに到着。
メールドグラス氷河を挟んで、グランドジョラス、目前には
1970年に3日間かけ攀じの登った、ドリューが天を突きさす
様に、聳え立っていました。

シャモニー・モンブラン

4月の月末・アーと言う間の4月でした。
明日からは風薫る5月。平穏無事に過ごしたいです。
9・2016年の夏の思い出(シャモニー・モンブラン)
モンブラン(4810m)エギュードミディ山頂から

f:id:skijodel:20160709143823j:plain

ブレバンから見た(ボソン氷河上のモンブラン)

f:id:skijodel:20160710163651j:plain

 

シャモニー・モンブランに

長岡は朝から雨振りで、肌寒い一日でした。
ゴールデンウイークの始まりは、自粛生活には持って来いの
天気と成りました・・(苦笑)。俺は店番ですが
8・2016年の夏の思い出 (シャモニー・モンブラン)
    夕日のモンブラン・4810m(ホテルのベランダより)

f:id:skijodel:20120103123631j:plain

5泊を快適に過ごしたツェルマットのアパートメントを後に
ヨーロッパ最高峰のモンブランが聳える、山岳リゾートの街
シャモニー(フランス)に列車を2回乗り継ぎやって来ました。
以前(1970年)に登山で1カ月以上滞在した街です。
山の景色は変わらずとも、駅周辺の街並みは昔の面影はまっ
たく残っていなく、四十数年の年間の歳月を感じました。
之から4泊のシャモニーの生活が 始まりました。